総合建設業、鋼構造物工事業 - 新潟県上越市

NEWSお知らせ・ブログ

2020年5月号の社内報を更新しました

GWの思い出

 連休前に棚を開けたら『GWの思い出』の原稿依頼が入ってました。
「はぁ!?」この緊急事態宣言が出ている状況の中で何を書けと・・・
「ステイホームしていました」で終わってしまう・・・
毎年GWの始まりには、高田公園で行われる『みどりのフェスティバル』に木工教室を開いて参加します。
 5/3には中ノ俣の春祭りに参加し、新緑の中を御神輿と共に村の中を練り歩いて、皆さんの笑顔と一緒に春の恵みを頂き、心もお腹も満たされる一日を過ごします。
 翌日には神楽の奉納を観たり、日帰り温泉へ。そして仲間うちでBBQを行うのもGWの恒例行事となっています。
 連休明けには桑取ゆったり村で行われる山菜祭りへの参加もあり、5月はとても忙しい。。。
 この当たり前の日常が全く無くなってしまうとは、2020年元日には想像もしていませんでした。「来年はいつものGWが戻ってきますように!!」と祈っています。

N.E(サトウ産業社内報2020年5月号より)

GWの思い出

 今年のGWは、コロナウイルスの影響で外出自粛のため、家で過ごしました。家では時間が無く手の付けられなかった趣味を集中してやることが出来て充実したGWを過ごせました。

O.I(サトウ産業社内報2020年5月号より)

安全作業を支える健康管理 その3

【自分を信じる強い心】

 「自己肯定感」という言葉を知っていますか?簡単に言うと自分はどんな人間なのか。を認識して自分が大切な人間なのだと自分を受け止めることです。子供の頃、学校で勉強ができたり、かけっこが速かったり、字が上手かったり、絵が得意だったり、楽器が弾けたり・・色々な事を経験する中で、自分の得意や不得意を自覚していく事で自分とはどんな人間なのかを知るきっかけがありました。それでも今の若い人の中には、自分がどんな人間なのかわからないという人がいます。そんな人は何をしている時が楽しいか、何を食べている時が幸せか、今欲しい物は何か、など考えてみると自分を知る事が少しできるかもしれません。
 また、自分はこれからどんな人生を送りたいのかを真剣に考えてみる事は大切な事です。遠い先の事はわからないかもしれませんが、今任されている仕事がしっかりできるようになったら、周囲の人は何をしているか見て自分の仕事との関連を理解したり、難しい仕事をしている人がいれば自分もそれを目標にしたりして資格取得などに挑戦したりする。身近な目標を持って毎日を過ごすことはとても意味のある事です。こうなりたいという目標を持つ事は自分を高める事にもつながり、良い結果が得られれば、それは自信にもなります。そこにまた新しい自分がいるのです。もし、良い結果が得られなかったとしても積み重ねた努力は決して無駄にはなりませんし、努力を続けた事自体が自分の支えになるのです。皆さん一人一人には自分でも知らない能力があります。今の自分が自分の能力の限界ではありません。人間は死ぬまで成長できるのです。自分の成長を信じましょう!
 
 生きていると困難に出くわしたり絶望したり途方に暮れたり、色々な事が起きます。それでもそれらを受け止めたり妥協したり回避したりして人間は生きていくのです。自分の中の常識やプライド、価値観や大切な者を守る為にはどう対処すればよいかを考えて判断し、自分の考えだけでなく人生の先輩に助言をいただいたりして問題を解決していきましょう。長い時間悩むより相談です。いち早く自分の納得する結論を出し、平穏な自分を取り戻しましょう。その繰り返しの経験が自分の経験値となり、様々な苦難にも対処できる力になっていきます。
 今回の副題である「自分を信じる強い心」を持つ為には自分自身をしっかりと理解して自分を信じる心が大切なのです。その自分を信じる心をもって平常心で毎日を過ごすことは、安全な作業の為に大切な事なのです。
 今回は「自分」や「心」についてお伝えしました。不安や心配を抱える中では仕事に集中することができません。皆さんの心が穏やかで健やかな毎日でありますことを願っています。 
 最後に私の好きな言葉をご紹介します。

 「人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)」

昔、老人の大切な馬が逃げてしまった。悲しんでいたら、その馬が優れた馬を連れて戻ってきた。喜んでいたら、子供がその馬から落馬して足を折ってしまった。しかしそのおかげで兵役を逃れて命が助かった。
という逸話から【災→福→災→福】という福と災いは予測がつかないことを伝える言葉であり、人生の生き方を諭す格言といわれています。

もっと詳しく知りたい方は、調べてみてね!

S.N(サトウ産業社内報2020年5月号より)

誕生日を迎えて 私のあしあと

 この社内報を書く時は、まだ誕生日を迎えてはいませんが5月18日で25歳になります。
 去年の誕生日はサプライズでお酒をかけられたものの同期や友達からプレゼントを貰えてうれしかったです。
 今年の誕生日は同期からどんなプレゼントが渡されるのか楽しみです。この歳になっても誕生日を祝われるのはうれしいものですね。

I.T(サトウ産業社内報2020年5月号より)

投稿日|2020.05.15 社内報